映画「パーマネント野ばら」非公式ファンサイト

宇崎竜童

宇崎 竜童(うざき りゅうどう、1946年2月23日 - )は、日本のロック歌手、作曲家、俳優、映画監督。京都府京都市出身。

1970年代中期から1980年初頭にダウン・タウン・ブギウギ・バンド、1980年代中期から1990年代初頭に竜童組、1990年代中期から後期に宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之を率い、バンドの活動の合間にソロとしても活動する。妻は作詞家の阿木燿子で、「作詞阿木・作曲宇崎」のコンビは山口百恵の全盛期を支えた。

京都生まれだが、東京・代々木上原育ち。父親は船具店を経営しており裕福な家庭だった。1973年、「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を結成。シングル『知らず知らずのうちに』でデビュー。1974年に 出した『スモーキン・ブギ』がヒットし、つなぎルックと共に脚光を浴びる。さらに翌年リリースしたシングル『カッコマン・ブギ』のB面曲である『港のヨー コ・ヨコハマ・ヨコスカ』が大ヒット。曲中のセリフ「あんたあの娘のなんなのさ」は流行語にもなり一世を風靡した。また、この曲をもとに映画まで作られ た。

1980年、バンド名を「ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンド」に改名、翌年解散。これ以前から山口百恵等に作曲家として曲を提供したり映画『曽根崎心中』(1979年)、『TATOO(刺青)あり』(1982年)に主演するなどしていたが、解散後はさらにドラマ出演、映画・舞台音楽や監督など多方面に進出。1984年、今までにない新しい音楽にチャレンジするために「竜童組」を結成。その活動舞台は日本国内のみならず、世界各地にまで広がった。1990年に活動休止。

1993年、元ザ・スパイダースの井上堯之と共に大人のロックバンドを目指すため、「どちらかが死ぬまで続けよう」との約束で「宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之」を結成。1998年に活動休止するが、二人の約束は今でも続いている(久留間寛吉『なぜ宇崎竜童と阿木燿子はお互いに好きな事をしてもうまくいくのか』あっぷる出版、2007年、参照)。

1998年以降はソロ・アーティストとして活動。2008年にはデビュー35周年を迎え、2枚組のブルースアルバム、同じく2枚組のベストアルバムのリリース、記念ライブが行われた。

2008年4月10日、憲政記念館で開催された「天皇皇后両陛下御大婚五十年をお祝い­する集い」に臨席し、挨拶を述べた。

話題の映画

エピソード

人物

  • よく比較される「キャロル」と「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」は、デビュー自体は半年程度しか違わない。しかしこの差が宇崎を悩ませた。宇崎らも最初は皮ジャンを着ていたが、キャロルが篠山紀信に写真を撮られ大々的に売り出されると「キャロル」の物真似と散々言われた。やむなく皮ジャンでないものを探して、たまたま「つなぎ」に行った。『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』が出るときに「キャロル」は華々しく解散。「矢沢永吉っ て人間には常に先に行かれたって気があった」と話している。『スモーキン・ブギ』が2位になった時、楽屋で一緒になると「キャロル」の方は、シングルヒッ トがなかったことで「おタク達は泥臭くやって成功したね。ウチらちょっとアカ抜けてたから」と矢沢に言われ「この野郎」と思った。ドラマーの相原誠が元 「キャロル」ということもあったこともあり、お互い敵対視していたという。矢沢のことを聞かれると、「意識してないから」とツッパって来たが、実はズッと 意識の中にあった。自身は徒党を組むほうでやり方は違うが、矢沢は横縦つながり持たずに一匹狼。ロック・フェスにも出ないし自力であそこまで行けたのは立 派だと思う。彼はロックンロールの中で確立しているけど、ぼくはロックンロールよりも、少し広いところで商売している。言ってることを行動に結びつけて実 績を作る-それは認めるけど、ぼくは体質的にダメ、等と話している。
  • リーゼントヘアとつなぎのイメージが強い為、いわゆる横浜銀蝿のようなヤンキーロックン・ローラーと思われがちである。だが、実際には明治大学を卒業以降は基本的に音楽ビジネスの世界の裏方(作曲家、マネージメント)としてスーツを着用して仕事をしており、髪型も当時は七三分けで あった。性格も至って真面目で礼儀正しく親切である。リーゼントなどのいかにもロッカー然とした格好は、自らが裏方から表舞台での活動にシフトチェンジす ることになった際に作り上げたキャラクターであり、不良少年であった経験もない。未だにこのギャップを知り驚く人がいる(但し、例に挙げた横浜銀蝿も本当 の不良出身者ではなく、大学卒業者が多い)。
  • 同様にルックスから暴走族出身やもしくはバイク好きのように思われているが、実際にバイクの免許を取得したのはこのイメージが出来上がってから随分後である。一時は数々のレースに出場したり、友人の風間深志、高橋伴明、根津甚八らとツーリングチームを結成するほどバイク熱が高まっていたが、生来の飽き性のためバイクもあっさりと興味が薄れてしまい、現在はバイクよりも自転車を使用する方が多いという。
  • ライブなどでパワフルに演奏する様などから、活動的でスポーツ好きと思われる傾向があるという。しかし、実際には極度のスポーツ嫌いで、わずかな 移動もすぐに乗り物に頼ってしまう。それを反省し、今までに2、3箇所のスポーツクラブの会員になるが「わざわざ疲れるところ(スポーツクラブ施設)への 移動も疲れるし面倒」と億劫な気持ちが先立ってしまい、いずれもわずか1日で行かなくなってしまった。
  • 夫人の阿木燿子は、明治大学の同級生で同じ軽音楽クラブだった。キャンパス内を歩いている阿木を初めて見たとき「僕の奥さんになる人が歩いてきた」と思ったという。宇崎の一目惚れであったと公言して憚らない。妻のことは学生時代から、本名である「広子さん」と呼んでいる。
  • 酒に強そうなイメージを持たれていることが多いが、実はまったくの下戸であり、大の甘党である。特に饅頭やケーキなどには目がない。それに対し、夫人の阿木は酒好きで強いと有名である。晩酌をする妻の横で宇崎は茶を飲み、甘味に舌鼓を打つことも珍しくないという。
  • 友人の占い師が「木村だと業界で生きていけないだろう」と云うことで色々な占いの結果、「宇崎」の姓を貰った。

活動

  • 明大付属中野中学・高校時代はブラスバンド部に所属し、明治大学時代は軽音楽クラブに所属しトランペットを担当していた。
  • グループサウンズのザ・ガリバーズ、ホットミルク(アイスミルク)、松崎しげるなどのマネージャーをしながら、1969年ジュリーとバロンのシングル「ブルー・ロンサム・ドリーム」で作曲家としてデビュー(作詞は阿木燿子)。
  • マネージャー時代、ドサ周り営業中にステージに乱入。トランペットを吹いて肝心の商品(歌手)より目立ってしまったというエピソードもある
  • 過酷な作曲、演奏活動の末に難聴を患い、音楽活動を控えた時期もあった。現在は補聴器を使用しながら作曲などをこなしている。
  • 毎年8月に静岡市清水区(旧・ 清水市)で開かれている「清水みなと祭り」のイベント「港かっぽれ総おどり」において長く伝わり親しまれる曲を作って欲しいという地元からの要望に応える 形で、宇崎が「港かっぽれ〜KAPPORE FUNK」を1987年に制作。これ以降毎年みなと祭りの時期には清水を訪れ、地元の住民らと交流を続けている。2007年放送の『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)では、このエピソードをもとにして、笑福亭鶴瓶と宇崎が清水を訪れた。

交友

  • 所ジョージの芸名の名付け親でもあり、所は宇崎の下で付き人(ボーヤ)をしていた。所の歌『化けて出ている』(『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』のパロディ)にゲストとして参加している。
  • ラブ・ポーションのデビューの際は推薦者として名代となる(Diana Ross Presents Jackson Fiveのような感じで、ハロプロにおけるつんく的役割)。
  • サザンオールスターズの曲『Hey! Ryudo!』のモデルであり、『ごめんねチャーリー』の歌詞にも登場する。
  • ジャズヴァイオリニスト寺井尚子とも交流があり、november eleventh1111でのライブなど何度もセッションを重ねている。

出演映画

  • 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(1975年)
  • トラック野郎 御意見無用(1975年)
  • 曽根崎心中(1978年 映画初主演)
  • 下落合焼とりムービー(1978年)
  • その後の仁義なき戦い(1979年)
  • 戦国自衛隊(1979年12月5日・東宝 落武者 役)
  • ミスター・ミセス・ミス・ロンリー(1980年)
  • 駅 STATION(1981年・東宝 日本アカデミー賞助演男優賞)
  • TATTOO<刺青>あり(1982年)
  • 上海バンスキング(1984年 日本アカデミー賞助演男優賞)
  • 海へ See You(1988年)
  • 四十七人の刺客(1994年)
  • どら平太(2000年)
  • ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年)
  • 突入せよ! あさま山荘事件(2002年、宇田川信一 役)
  • アンテナ(2004年) - 相馬俊平 役
  • デビルマン(2004年)
  • KARAOKE-人生紙一重-(2005年) - 井上栄二 役
  • オリヲン座からの招待状 (2007年)
  • 音符と昆布(2008年、小暮浩二 役)
  • ホームレス中学生(2008年)
  • 僕らのワンダフルデイズ(2009年)- 公証人役(特別出演)
西原理恵子の本